• コーポレートサイト
  • IS Dirext
  • 外径検索  がいけいくん

ITインフラ

  • ITインフラの強み
  • もぶげーと
  • NetApp
  • まとめたLAN
  • ISO Base
  • タッチパネルモニター
ISO-Base

IT心臓部を地震から守ります。

阪神・淡路大震災以来、十勝沖地震、中越地震、東日本大震災など大規模な地震が全国で相次ぎ、さらにここにきて、関東周辺でもその予兆ともとれる地震が頻発しています。地震国ニッポンでビジネスを展開するには、これまで以上に地震対策に万全を期す必要があります。
「ISO-Base」は、こうした自然災害に対処するための免震プラットフォームで、サーバラックの下に「ISO-Base」を設置することにより、地震の揺れや衝撃を最小限に抑えます。

ISO-BaseTMの技術と仕組

  • ISO-Baseの中心部は、スチール製ボールベアリングをそれに合わせた円錐状の二枚のロードプレートではさんだBall-N-Cone 免震ベアリング(特許取得済み)です。
  • この独自のデザインにより、プラットフォームはあらゆる方向から入力地動速度を受け入れながら、滑らかでかつ水平な横運動をすることが出来ます。
  • ベアリングは、揺れの強度が弱まるに連れ重力を復元力として自己復帰します。
  • 地震の縦揺れ、横揺れにも対応した唯一の3次元免震装置です。

耐震と免震(ISO-BaseTM)の違い

耐震方式 免震方式 (ISO-Base)
対応震度
震度5強程度まで※1

震度7の領域まで※2
メリット
  • ・架台はどの作業業者でも入手可能。
  • ・稼働スペースを考えることなく設置可能。
  • ・地震に対して効果的な技術。
  • ・設置に関して壁、床等との固定は不要。
  • ・3次元の地震動にも対応可能
  • ・機器のレイアウト移動時に、プラットフォームの再利用が可能。
  • ・機器が稼動中でも設置が可能。
  • ・ISO-BaseTMの原理が橋等の建築技術に利用されている。米国では最も信頼された技術。
デメリット
  • ・床や壁などに固定する必要がある。(そのため、地震の衝撃により床自体が破損する危険が生じる)
  • ・機器レイアウト移動時に再利用が不可能。
  • ・固定する為、地震の衝撃に耐えられず、ディスクが破損する危険性が高い。
  • ・耐震固定方式よりも初期導入費が多少高い。
  • ・島毎に可動スペースを210mm周囲に必要。
比較動画

※1 大手コンピューターメーカー資料による
※2 ISO-Base限界試験最大1600gal(単軸)【新潟県中越地震において推測2500Galの実績】

ISO-BaseTMの特長

  • 短時間で設置可能。

    「ISO-Base」を床に置き、機器を載せるだけでOK。従来方式のようなボルトやアンカーでの床への固定はありません。システムを止めることなく容易に設置できます。

  • 米国、日本、カナダで特許取得。
    全世界で126,000システム以上の納入実績。

    AT&TワイヤレスやNTT/Verioなどのデータセンター標準仕様として採用。ボーイング、シスコシステムズ、HP、IBMなど米国企業はもちろんカナダ政府、日本国内官公庁など全世界に126,000システム以上を納入しています。

  • 規模が大きくなればなるほど
    顕著なコストパフォーマンス。

    導入コストも、ランニングコストも驚くほどのコストパフォーマンス。 配線工事も自由でラックの数が増えれば増えるほどコストパフォーマンスが飛躍的に向上します。

  • オフィシャル規格の要求基準を
    上回る高耐震性。

    カナダ政府、アメリカエネルギー省のUSB/IBC地震ゾーン4※(Telcordia社=旧Bellcore社によるNEBS認定)の要求基準を上回ります。X-Y-Z 3次元タイプの免震装置です。また、2011年の東日本大震災や2004年の中越・福岡の地震でも耐震性が実証されています。(当社調べ)

    ※地震学者リヒターのスケール(Richiter Scale)で、マグニチュード7.0~8.3に相当します。阪神・淡路大震災の規模はマグニチュード7.2です。東日本大震災の規模はマグニチュード9.0です。

  • 耐久性に優れ、増設、レイアウト変更も容易。

    スチール製ボールベアリングと上下のロードプレートを組み合わせただけの極めてシンプルなオープンフレーム構造。メンテナンスフリーに限りなく近く、また、プランク単位で増設も容易、レイアウト変更も自由に行えます。

  • 幅広い地震対策ニーズに対応。

    メインフレーム、サーバラック、ディスクシステムをはじめとする情報機器関連はもちろん、各種実験器具、精密機器あるいは貴重な装置・設備類の保護にも最適です。

施工の流れ

1.現地調査
【設置場所や機器を調査】
・ 360度全方向に210mm以上のスペース確認
・ 搭載機器の確認(キャスター・レベラーの位置確認)

2.図面・見積作成
・ プランク・コネクタサイズ等の特定、図面作成

3.設置工事
  • 1. 設置場所詳細決定
    2. プラットフォーム作成
  • 3. 機器搭載/ベルト固定
    4. 確認作業

光昭はISO-BaseTMの認定パートナーです

お見積から現場調査、機器設置工事やキッティング、その他LAN配線工事など、周辺も含めたトータルご提案/工事が可能です。

ISO-Baseは国内1500社以上に導入されています。

よくある質問

  • Q.

    ISO-Baseは縦揺れ(Z方向)にも有効でしょうか。

  • A.

    ISO-Baseは円錐型のロードプレートが鉄球を挟む免震機構を採用しています。 この円錐型のロードプレートは、水平では無く、6度の傾斜角を持ちます。
    ISO-Baseは、水平方向に動きながら、この6度の傾斜角を利用して、上下方向にも動きます。 この上下動により、Z軸方向(縦揺れ) の衝撃を吸収し2分の1から3分の1に減衰する効果を発揮します。

  • ITインフラの強み
  • もぶげーと
  • NetApp
  • まとめたLAN
  • ISO Base
  • タッチパネルモニター
ITインフラについてのご質問・お問合せはこちらから
電話でのお問い合わせ
第2電機事業部・統合システム営業部
TEL: 06-6131-3750